空家・相続対策について

空家対策

空家対策は空家になる前にご相談ください!

住宅が空家になって長いあいだ放置されると、行政から「特定空家」に指定される可能性があります。
行政が所有者に代わって解体等の手続きが行える行政代執行によって発生した費用は、その住宅の所有者に請求されます。
住宅が空家になってしまってから適正に管理することは難しいため、空家になる前から対策を講じることが重要です。

人口の減少が本格的に始まった日本社会ですが、2020年ごろから全国的に世帯数が減少に転じます。群馬県も全国的な流れと同様です。
すでに社会問題となっている空家の問題は、世帯数の減少とともにさらに拍車がかかると予測されています。
実家が空家になっている、知人の家が最近空家になったなど、空家の問題は日常の中に存在しています。
わたしたちの考える空家対策は、お持ちの住宅を空家にしないことです。
空家対策と相続対策には密接な関係があり、相続対策を行うことで空家になってしまうことを防ぐことができます。
相続対策とは、農地や遊休地に集合住宅を建てることではありません。所有している資産をどうやって次世代に分配するかを話し合って決めていくことです。
わたしたちは不動産所有者のための不動産会社なので、不動産所有者様のメリットを最優先に考えます。そのために税理士などの専門家と顧問契約を締結しております。
すでにご所有の住宅が空家になってお困りの方もたくさんいらっしゃることと思います。

造っては壊すスクラップ&ビルドの時代が終わった今、既にある資源を有効に活用する時代になっています。
わたしたちは、遺品整理や残物処理業者から骨董品業者まで、空家対策に必要なさまざまな専門家とパ ートナー関係を築いています。
安心してお問合せ下さい。

相続対策

相続対策は富裕層だけの問題ではありません!

預貯金や不動産などの資産を持つすべての方が対象です。中でも土地や建物などの不動産は資産を引継ぐ(相続人)方々に分けにくい資産の代表格です。
高額な資産である不動産は、資産の所有者(被相続人)の明確な意思表示がなければ所有権を移転することができません。
被相続人が認知症を患ってしまうと、意思・判断能力に疑義が生じ、相続対策を行うことができなくなってしまう恐れがあります。
相続対策は、被相続人の方に判断能力があればいつでも行うことができ、何度でも変更することが可能です。
健康でお元気なうちから相続について対策を行うことは、相続人の方々にも好影響をもたらします。

相続対策と相続税対策はまったく違います!

相続税対策

預貯金や有価証券、不動産などを含めた資産価値が一定額以上の場合、被相続人の保有する資産を 相続する際に、相続税が発生します。
この相続税額を可能な限り少なくすることが「相続税対策」です。農地や遊休地にアパートやマンションを建設し、それをグループ企業で一括借上げすることで相続 税の削減を図る手法は相続税対策の代表格ともいえる手法です。
しかし、相続税対策は農地や遊休地にアパートやマンションを建設することだけではありません。人口減少時代に適した相続税対策こそが、真に有効な方法であると言えます。

相続対策

相続対策は被相続人の保有する資産を相続人にどのように分配するかを考えて、いざという時に備えておくことです。
遺言書の作成や生前贈与、資産の組み換えなど、方法はさまざまです。
目的は、相続される方々が争ったり困ったりしないようにすることです。そのため、被相続人と相続人が納得し、長期的な視点に立った資産継承を行う必要があります。
煩雑にも思いますが、専門家を交えて早い段階から計画的に対策を行うことで、将来の相続トラブルを回避することができます。

相続対策について最適なプランをご提案します!

わたしたちには資産運用や資産形成の専門家であるファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定AFP)が在籍しております。税理士や弁護士などの専門家と協力しながら、相続対策について最適なプランをご提案します。
わたしたちは不動産管理会社ですので、特定の金融機関やハウスメーカーの商品を紹介するわけではありません。
不動産所有者様の抱えるお悩みを解決するためのお手伝いをすることがわたしたちの存在意義でもあります。
ご相談はもちろん無料です。

メールでお問い合わせ

ページ先頭へ